男子高校生が、好きな人に効果的にアプローチする簡単な方法

誰もが思い通りに女子と付き合えたら
この世はバラ色ですね。
でも、そうではありませんよね。

 

今回も、好きな人を落とすべく
悪魔の心理術をご紹介します。

 

どうも、翔です。
今回は、好きな人にアプローチする際
効果的に相手に気に入られる心理ワザ
学びましょう。

 

 

顔を合わせる機会を増やそう

「単純接触効果」と呼ばれる心理効果を
利用して、あなたの好感度を上げましょう。

 

人間は接触する機会が多い人に対して
好意を抱きやすいというもの。

 

名前や原理を覚える必要はありません。
まずは行動しましょう。

 

以前の記事でも書きましたが、
恋愛は行動しないと始まりません。
なかなか始められないなら
目を合わせることから始めよう。

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CAFEonnnanoko15212650-thumb-1000xauto-16094

 

マメな男はモテる

もともと嫌いな俳優や芸人などでも
テレビやCMで何度も見ているうちに
「特に嫌いではない」「なんとなく好き」
となったことはありませんか?

 

僕は以前、テレビに出始めの女優
剛力彩芽さんが嫌いだったのですが
何度も見ていたせいでしょうか。
現在は好意をもって見てしまいます。

 

このように、何度も見ていると
知らず知らずのうちに好きになってしまう
のが「単純接触効果」です。

 

 

マメな男がモテる、なんて言われますが
女子との接触が多い男子は好意を持たれてる
ということですね。

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-26NJ_sannposurukoibitotati-thumb-autox1000-14103

 

 

 

日常でどう活かせば良いのか?

では、日常生活において
どのように接触を増やしていけば
良いのでしょうか?

 

例えば、同じクラスの女子と
付き合いたい、という場合。

 

毎日会うというのは、残念ながら
「単純接触効果」にならない。
なぜなら、他にも男子はたくさん
いるからだ。

 

ただのクラスメイトからステップアップ
するためには、「会話」を持って
接触を繰り返す必要がある。

 

 

あいさつは絶対にしよう

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-YUK85_ossu15095452-thumb-autox1000-12512

 

「おはよう」「バイバイ」は
絶対にしましょう。

 

一番、単純で毎日できて
自然に接触できる機会です。

 

他にも、「次の授業って何?」とか
「体育疲れたね」など他愛もない
会話の回数を重ねましょう。

 

クラスの男子やバイト先のライバルなど
と差をつけるためにも頑張るんです!

 

 

メールやLINEでも効果あり

単純な接触は、スマホの中でも
可能です。

 

毎日、LINEやメール、SNSでも
会話をして単純接触回数を
増やしましょう!

 

でも、LINEもメルアドも知らないよ!
って方は、こちらの記事をご覧ください。

 

一旦、断られて本当の目的を果たす
心理術をご紹介しています。
【高校生向け】初デートの誘い方はわざと断られる方が良い?

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-VER88_sumafoijiru15150126-thumb-1000xauto-17301

 

 

まとめ:
ただの接触ではその他大勢の一人

いかがでしたでしょうか?

 

あなたが他の大勢のクラスメイトから
一歩抜け出して、特別な男子になるために
「単純接触効果」をうまく使いましょう。

 

そのためには、簡単な会話やLINEでの会話を
回数を増やして接触を増やすことが重要です。

 

会話すらできないよ!という方や
まだ仲が良くないという方は
まず、目が合う回数を増やして
彼女の「気になる存在」になりましょう!
高校生必見!好きな人と目が合う回数を増やして仲を深める方法

本当にモテたいと思っていますか?思っているだけで行動しないなら結局好きな女の子でオナニーしてるだけの人生ですよ。モテたいなら金剛筋シャツを買うべき理由を読んでヤレる肉体を手に入れましょう。マジで。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください