【lineで女を落とす方法】返事の間隔を空けるべき理由

返事が来たことが嬉しくて
ガンガンlineを送っていませんか?

 

モテる男はlineの数ではガッつきません。
量よりも質で女を落としています。

 

lineトークにおける男性と女性の
思考の違いについては前回の記事でも
ご説明しました。
さらに女子にたくさん話してもらった方が
結果的にモテるよ、って話もしましたね?
まだ読んでなかったらコチラから見てね。
女を落とすlineを知ろう!コツはベラベラ話さないこと

 

 

今回も、やっぱり女子と男子の思考回路の
違いがキモになってきます。
※この記事ではラインのやり取りを
話す・会話などと表現しています。

 

 

 

 

ラリーの数と好きの気持ちは
比例しないよ

「今日は50回もlineのやり取りした!」
「昨日も今日もめっちゃラリーした!」
もちろん、あなたと仲が良くなければ
女子はlineのやり取りをしようとは
しないでしょう。

 

でも、それが「好き」につながるとは
限りません。

 

もちろん、相手の話を聞いてあげることは
非常に重要です。
女子にとっては話を聞いて理解してくれた
あなたのことを信頼する材料になりますから。

 

 

でも、
あなたがlineのやり取りができていることで
調子に乗ってしまって、次から次に話題を
振ってしまうとウザがられてしまう危険が
あります。

 

 

 

大きな話題が終わったら休憩

一通り、会話が盛り上がった後は
一旦lineをやめましょう。
フッと自分の時間に戻る機会を
与えてあげるんです。

 

 

会話が終わってしまうことで
仲の良い関係が離れてしまうんじゃない?
今が攻め時なんじゃないか?
と不安になる気持ちをグッと抑えましょう。

 

 

女子はもともと会話が好きで
コミュニケーションを取ろうとする
生き物なので、基本的には
話題を振れば返事を返してくれます。

 

でも、会話が切れることがないと
シンドくなってきます。
あなたはルンルン気分でlineを続けていても
相手の女子にとっては苦痛になって
しまうんです。
休憩が欲しいんです。
やりたいアプリゲームもあるかもしれません。
お風呂に入りたい時間かもしれません。

 

 

それでもあなたが話題を振り続けたら
我慢の限界を超えて返事すら返ってこない。
既読スルーが続く。
といった状態になってしまいます。

 

この時の、あなたと女子の思考は
こんな違いがあります。

 

あなた

・ラインのやり取りが楽しい
・話題がなくなると怖い
・ひっきりなしに話題を振る
・会話が続くと仲がいい証拠だ
・俺たちって相性いいんじゃね?

 

 

女子

・ラインは楽しい
・誰にも嫌われたくない
・会話が盛り上がって楽しい
・疲れてきた
・また違う話題が出てきた
・頑張って会話をなんとか盛り上げた
・また違う話題が送られてきた
・もう面倒くさい
・返事したらまた返ってくるから無視
・つーかこの男ウザい
・彼氏としてナシ

 

 

これだけ男子と女子の気持ちは違うんです。

 

bsBL004-cofeewowatasubucyou20140810

 

 

まとめ

よく会話はダンスだと言われます。

 

テンポよくステップが進むように
会話が弾み、相手が引いたらあなたは押して
時には激しく回ってみたり。

 

あなたと女子が会話というダンスを
上手に踊れれば二人の相性は良いです。

 

でも、曲が終われば休憩しましょう。
次から次にあなたが曲を流すと
女子は疲れてしまいます。

 

ラインでも同じです。
あなたが相手を知ろうと会話を
続けようとすればするほど
相手は疲れてしまいます。
「好き」から程遠くなってしまうでしょう。

 

 

もし、ラインが続いて続いて
相手も飽きずに会話してくれて
付き合うことになった!

 

としても、付き合ってからも
ずっとラインをしていないと
「釣った魚には餌をやらない」などと
思われてしまいますよ汗
そんなん嫌じゃないですか?

 

会話はダンスです。
曲が流れている間は二人の
リズムに合わせて踊りましょう。
でも、曲が終われば休憩することを
お忘れなく!

 

 

次のページは
会話がないカップルは仲が
悪いのか?他の人とは喋るのに…

本当にモテたいと思っていますか?思っているだけで行動しないなら結局好きな女の子でオナニーしてるだけの人生ですよ。モテたいなら金剛筋シャツを買うべき理由を読んでヤレる肉体を手に入れましょう。マジで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください